なぜ鳶職人は今も昔も人気が高いのか?人気の秘密に迫る

人気の高い仕事

技術を身につけることができる鳶職や英語力を活用することのできる貿易事務は求人数が多く、人気の高い仕事です。鳶職として働くときの心構えや仕事の内容、未経験の人が貿易事務として働くためのセミナーに関する情報など、その業界を目指す人にとって参考になる情報をたくさん紹介していきます。

鳶職にはこんなメリットが

高所で作業を行う鳶の仕事はその他の仕事と比べると、とても危険性の高い仕事です。では、なぜ危険な仕事のはずの鳶職は人気が高いのでしょうか。千葉県などの地域で鳶職として働くメリットについてみていきましょう。

鳶として働くことで得られるメリット

手に職をつけられる

鳶職などの専門性の高い職業の魅力といえば「手に職をつけられる」というところでしょう。鳶にもいろいろと種類がありますが、鳶がいなければ工事を進めることができません。そのためいつの時代も鳶求人が無くなることはありません。

健康的に働ける

鳶の仕事は身体が資本です。一日中動き回ります。そのためわざわざ運動などしなくても十二分に身体を動かすことができるわけです。ケガや事故などの危険性もありますが、注意していれば巻き込まれることは無いので安心してください。

達成感を得られる

鳶職では小さいものから大きなものまで、様々な建物工事の基礎を行っていきます。自分たちが基礎工事を行った上に建物が建設されていくのは感慨深いものがありますし、実際に建物が出来上がったときは何とも言えない達成感を味わうことができます。

鳶の人が使う道具や服装

講演

安全を守る道具

鳶は危険度の高い仕事です。そのため鳶職では安全を確保するための道具をいくつか準備して作業にのぞみます。特に頭を守るためのヘルメットや落下を防ぐ安全帯などが代表的なものですね。

服装にも機能性を

一昔前までは足袋が鳶職のユニフォームという印象でしたが、今では安全靴を履いて作業する鳶が増えているようです。重いものを使用して作業を行うことも多いので安全靴の方が機能的だといえますね。またリストバンドをつける人も増えているといいます。これはおしゃれのためではなく、こまめに汗を拭い感電を防止するためのものです。このように鳶職の人は機能性にこだわって服や道具を選んでいます。

[PR]

広告募集中