鳶職ってどんな仕事?|鳶求人を探して憧れの鳶職人として働きたい【積極的にセミナーへ】

鳶職は男らしくかっこいい職業として大人気

男らしい仕事がしたい

今現在就職先を探している人は男らしい職業として人気の高い職業の中から探してみるのがおすすめです。みんなが憧れる仕事はやりがいもありますよ。男らしい職業として人気の仕事をランキングで確認していきましょう。

男らしい職業

no.1

鳶職

男らしい職業として一番人気の高い鳶職。建設現場において基礎工事などを行う仕事ですが、普通の人なら足がすくんで動けなくなってしまうような高所で作業する姿は男女共に憧れを抱いてしまうようです。千葉県で鳶職を目指している人は「鳶求人」などで検索して求人情報を探してみましょう。

no.2

消防士

次にランクインしたのが消防士です。災害時に活躍する屈強な姿には誰しもが憧れをいだくものです。また、消防士は公務員なので安定している仕事としても人気の高い職業になります。

no.3

警察官

警察官も男らしい職業として人気の高い職業です。地域の安全を守る警察官は子供に特に人気の高い職業でもあります。犯罪者と日々接する仕事なので危険な側面もありますが、とてもやりがいのある仕事だと言えます。

no.4

長距離トラックの運転手

第4位にランクインしたのは長距離トラックの運転手です。大きなトラックを巧みに操る姿を男らしいと感じる人はとても多いようです。若干怖いイメージもありますが、配送先の方とのコミュニケーションは必須なので意外と明るい方が多いといった特徴もあります。

no.5

IT関係

最近増えてきたIT関連の仕事がランクイン。一家に一台パソコンを保有している時代になってきたことでパソコンを使う機会が増えてきましたが、パソコンを使いこなせる男性はやはり格好良く見えるようです。トラブルが起こったときに頼れるのも男らしくていいですね。

鳶職ってどんな仕事?

大工

鳶の種類

鳶を大きく分けると足場鳶と鉄骨鳶、重量鳶に分かれます。足場鳶は建物を建設するときや改修するときなどに作業用の足場を組み立てるのが主な仕事になります。鉄骨鳶は鉄骨製の建物の基礎を作るのが主な仕事になります。高いところでの作業が多くなりがちです。重量鳶は一番専門性の高い職種です。かなり重たい設備や機械を設置するのが主な仕事になります。トンを越える重量物を取り扱うような職種です。

見習いからはじめる

未経験の場合見習いからのスタートとなることがほとんどです。未経験の場合全く技術がないので最初のうちは荷物の運搬などが主な仕事になります。かなりの重量の資材や廃材を一日中運ぶことになるのでかなり体力が必要とされます。先輩たちには男らしい方が多く語気が荒い人も珍しくありません。見習いの段階はきついと感じる人も多いようですが、技術が身についてきていろいろな仕事を任されるようになると仕事がどんどん楽しくなってくるといいます。

広告募集中