セミナーの内容とは|鳶求人を探して憧れの鳶職人として働きたい【積極的にセミナーへ】

貿易セミナーで貿易についての知識を身につける

セミナーを活用しよう

未経験の方が貿易事務に挑戦したいと思ったら、貿易事務に関する研修やセミナーを利用しましょう。貿易事務の研修やセミナーの内容や特徴について説明していきたいと思います。

セミナーの内容とは

講演

貿易セミナーではどんなことをするのか

未経験の方が貿易事務として働きたいと思った場合、研修やセミナーを受けるなどして事前に貿易や貿易事務に関する知識を身につけておくことでスムーズに仕事を始めることができます。貿易セミナーには初級や上級などのコースがあり、それぞれのレベルに合わせて知識を身につけていきます。初級コースでは「貿易とは?」といった基礎的なことを学んでいきます。上級になると実際に書類作成の練習をしてみたりと、より実践的な内容になっていきます。

その他の研修も充実

また、貿易知識以外のカリキュラムも充実しています。例えば事務に必須なパソコンスキル向上のたまのセミナーやビジネスマナーなどを学ぶことができます。さらにセミナーを実施する会社によっては英会話スクールと提携していたりするので、英語力向上のためのセミナーも受けることも可能です。

貿易事務に関する疑問

どういった仕事をするのですか?

貿易事務の仕事は多岐にわたります。会社によって担当する仕事の内容が大きく変わることも珍しくありません。代表的なものとしては取引先の海外企業との連絡・交渉や荷物の輸出入に関する各種手続きなどがあげられます。ただ、スキルによっても担当できる仕事が変わってきます。はじめのうちはアシスタント業務が中心になると思います。

未経験でも採用されますか?

英語やパソコンスキルにもよりますが、未経験でも採用されることは多いようです。未経験なことに引け目を感じるのであれば研修やセミナーなどを利用して基本的な知識やスキルを身につけておくといいのではないでしょうか。

未経験の場合どういった仕事を任されますか?

未経験で突出したスキルなどがない場合は、本当に基本的な業務を任されることが多いです。最初は書類の種類などを覚えるためにもチェック業務が中心になるでしょう。チェックがこなせるようになってきたた簡単な入力業務へと移行していきます。

必要な英語力は?

貿易事務の仕事は書類作成などの業務が中心になりますが、作成する書類のほとんどは英語になります。英語の文を読んで理解できる程度の英語力と、英語で問題なく文章を作成できる程度の英語力は必要になります。

英語が喋れなくてもできるものはありますか?

日本の企業とのやりとりが基本となる通関に関する貿易事務であれば英語力は必要ありません。通関業者は日本の企業が海外に荷物を送る場合や日本の企業が海外から荷物を輸入するときの手続きを行う業者です。

広告募集中