鳶職で大切なこと|鳶求人を探して憧れの鳶職人として働きたい【積極的にセミナーへ】

鳶職の一日のスケジュールと事故を防ぐために知っておきたいこと

鳶職の仕事の流れを確認しておこう

千葉県で鳶求人を探そうと思ったら、まずは鳶職の一日がどのように進んでいくのかといったことについて確認しておきましょう。鳶の仕事には始業時刻や休憩の入り方作業後の後片付けなど、他の業種とは違った習慣や決まり、流れがあります。

鳶職の一日の流れ

作業前の準備

鳶職の一日は早く、8時ごろからその日の朝礼が始まります。朝礼でその日の作業内容を確認したりラジオ体操などの作業前準備を行っていきます。鳶職の仕事は油断がケガや事故に直結するので、作業に入る前のこの段階での準備がとても大切です。

午前中の作業

作業前準備を終え、9時前には午前中の作業が始まります。作業は前日の続きから進めていきます。途中、小休憩が入ることも多いです。午前中の作業はきりのいいところまで進めていきますが、12時ごろまでには休憩に入るところがほとんどです。

お昼休憩から午後の作業

鳶職の休憩はみんな一旦手を止めて一緒に入ることがほとんどです。鳶職の作業は一人で行うことは少なく、複数人が一緒に一連の作業を行うため、休憩は一緒に入ります。一時間ほど休んだら午後の作業に入ります。途中15時ぐらいに小休憩があります。

終礼から帰宅まで

16時半ぐらいまで作業を行ったら片付けに入ります。持ち場に分かれて片付けをすることが多いようです。片付けが完了したら終礼を行い作業進捗を共有していきます。ここで翌日の作業をおおまかに決定することも多いようです。ここまで完了したら帰宅となります。

鳶職で大切なこと

工事現場

ラジオ体操は手を抜かない

鳶職では現場で作業に入る前にラジオ体操を行います。若い人に特に多いのが、恥ずかしがってラジオ体操を適当にこなしてしまう人です。ラジオ体操は作業前に身体を目覚めさせる動きとして非常に優秀です。そのラジオ体操をちゃんとこなしていないと思うように身体が動かないばかりか、ケガや事故につながってしまうことも少なくありません。ラジオ体操は手を抜かないずにしっかりと行いましょう。

作業前のミーティングは超重要

作業前に行われる朝礼やミーティング、また作業完了後に行われる終礼ではとても大事なことが共有されます。鳶の仕事は危険と隣り合わせの仕事です。誰か一人が話しを聞いていなくてミスをしてしまうと工期が遅れるだけでなく、誰かにケガを負わせてしまったりする危険性があります。特に朝礼は装備の確認や点検なども行われる重要なものになるので、そのことを意識しながらのぞむようにしましょう。

広告募集中